Terence Stamp

あくまでも個人的映画感想はDVD化、されてたはずだけど廃盤モノもあり

Part1  Part2  Part3

image002.jpg

 

Terence Stampプロデュースの

自然食品「Stamp Collection」の全容が遂に明らかに!!

collection

↑こちらからGo!

ひょっとするとイギリスでのこのプロジェクトはもう終わったのかも・・

 

 

 第三期・美壮年時代 この分類って正しいのか?)

 

 ‘94

「プリシラ」 The Adventures of Priscilla, Queen of the Desert

[女装のゲイがオーストラリアの砂漠で歌い踊る映画/主演テレンス・スタンプ]

という解説のこの映画がカンヌで評判をとっているという記事を見た時は

我が目を疑った!本人も何が何だか判らない内にこの役をひきうけたそーだけど

映画自体はとってもキュートで愛すべき作品

なんせテレンスおじさまは初老の性転換者、とはいえその立居振舞はとっても上品

エレガントでちょっぴりお茶目な老婦人ぶりはなかなかなもの

ド派手な衣装でABBAの音楽に合わせて(ホントはちょいとズレて)

歌い踊る姿も愛らしや〜

おまけに看護婦姿までご披露いただいてお腹いっぱいっっ

テレンスおじさまにはこーいったライトコメディにもっと出演していただきたいなっっ

もちろん次は男役で・・・

 

 

‘95

「超能力者/ユリ・ゲラー」 Mindbender  

ケン・ラッセル監督のイギリスのTV映画、TVでやってくれてやっと見れた

テレンスおじさまはユリ・ゲラーの超能力に興味を持ったダンディな超心理学者

やっぱりテレンスおじさまは、チンピラとか泥棒とかじゃなくて

こーいう知的でノーブルな役の方がお似合いでございます

しかし、いつもならケン・ラッセルの映画はノーマルに始まり、ノーマルに進み

ラスト近くなってから「変態屋ケンちゃん」の本領発揮で、ぶっちぎれだすのですが

この映画、初めから「ケン・ラッセル節」炸裂ですんごいコトになっておりました

 

 

97

「ハード・テクニック」 Bliss

ビデオのパッケージがAVっぽいシェリル・リー主演の映画。未見

 

「ザ・ハンガー」 The Hunger

イギリスのTVホラーシリーズでテレンスおじさまはガイド役。未見

 

「私家版」 Tiré a Part

ひさびさに粘着質だけど素敵なテレンスおじさまを観た〜

しかし男を落とし入れるトリック、ぜったい名を借りた作家の妹あたりからボロがでるぞい

 

 

‘98

「ラブ・ウォーク・イン」 Love Walked In

『デモリッションマン』のデニス・レアリーが製作・主演を兼ねて作り上げた

ホロ苦いラブ・サスペンス。『雲の中で散歩』のエキゾチック・ヒロイン、

アイタナ・ サンチェス・ギヨンが歌手として見事な歌を披露するほか、

『プリシラ』のテレンス・スタンプが、ギヨンと恋に落ちる初老の紳士を

好演している・・・とビデオの宣伝に書いてました。未見

 

「楽園のキス」 Kiss the Sky

何故かこれもシェリル・リー主演

昔はそこそこぶいぶい言わせてたヤンエグ(死語)2人が

仕事や家庭といったものに縛られた現在の生活に疲れ

身体と魂の解放を求めて、家族とも離れ東南アジアにリゾートに出かけ

そこで出会った美女と身も心も意気投合し、3人での共同生活を始め

その地に楽園を築こうとするが・・・

な〜んて先々上手くいかんのが目に見えたストーリー

テレンスおじさまはそんな3人にアドバイスを与える禅僧役

と、いっても世俗にかなりまみれて飄々としたチャーミングな禅僧で

ラストにはファーストクラスに乗って日本に修行に出かけるのだ

 

 

‘99

「イギリスから来た男」 The Limey * 

テレンスおじさまの為に作られたような、一部で妙な盛り上がりをみせた作品

若い頃の映像もフューチャーされて、サントラ盤にはその頃の歌声も収録されている

プロモーションのために来日してくれたりして、バンバン記事にもなってたけど

でも、出来ることなら10年前に作ってほしかったなぁ

          <来日記者会見の様子>

 

「スター・ウォーズ エピソード1」 Star Wars ; Episode1-The Phantom Menace

ピーター・カッシング亡き後には、絶対テレンスおじさまが後を継ぐのよ!と思ってたら

本当にそうなった。とはいえ悪役ではなく、共和国元老院最高議長バローラム

権力を狙うパルパティーンに足をすくわれあっさり失脚、あっさり退場

ペプシのキャラクターキャップを探してみたけど全然ダメ

エピソード2や3にも出るのか?と思っていたけどちーとも出番無しであった

この映画上映後に出版されたノヴェルスの表紙は、

テレンスおじさま演じるバローラムがアップだったけど、

あれはエピソード2ではないのね・・・

 

「ピッグムービー」 Bowfinger *

スティーブ・マーチン、エディー・マーフィー出演の映画業界内幕ものコメディー

テレンスおじさまは大手カルト教団の教祖さま

この映画、乗った飛行機の中で偶然観た

ルフトハンザさんありがと〜う、でも最近サービス悪くてよっ

日本未公開だけどDVDで発売

 

 

‘00

「レッド・プラネット」 Red Planet

ヴァル・キルマー主演の火星探索もの。未見

 

La Soutane ecarlate 日本たぶん未公開

リシャール・ボーランジェ主演のフランス映画

ホンマに出てるかどうかちょっと分からん

 

 

‘01

「ゴッド・クローン」 Revelation

古代文明だの神のクローン化だの、ちょっとアブナイ内容らしく

全米上映禁止になったらしいSFもの、ウド・キアー共演

 

「僕の妻はシャルロッテ・ゲンズブール」 Ma Femme Est Une Actrice

フランスの有名女優(もちろんシャルロッテ・ゲンズブール)を妻に持つスポーツ誌記者が

テレンスおじさま演ずるロンドンでの共演相手の初老の俳優ジョンに嫉妬して

さあ、大変っ!といった話

二人の演ずる役柄はパイロットとスチュワーデスというナンだか昼メロのような設定で

ベッドシーンもあったりするのでまあ致し方無し

監督はこの夫役を演じているシャルロッテの本当のダンナ

なんかそれだけでも、デレデレした映画のような気がするのも致し方無し

だけどシャルロッテが立派な大人になって、ちょっと感慨深い

テレンスおじさまは太極拳をご披露、顔いっぱいでチーズいただいてます

 

「フェリーニ/ 大いなる嘘つき」 FELLINI ; Sono Un Gran Bugiardo

フェデリコ・フェリーニへのオマージュ・ドキュメンタリー

日本ではフェリーニ没後10年のフェリーニ映画祭で上映されたらしい

フェリーニ本人やテレンスおじさまの他、ドナルド・サザーランド、ロベルト・ベニーニや

スタッフのインタビューで構成

テレンスおじさまはラフな姿で「世にも怪奇な物語・トビー・ダビット」撮影時の逸話を紹介

フェリーニは当時おじさまの事を「テレンチーノ」と呼んでたのねん

いや〜しかしフェリーニとの撮影はいろいろと大変だったみたい・・

この辺りやら、ピーター・オトゥール降板の経緯などは自伝にも詳しく書かれている

 

 

‘02

「フル・フロンタル」 Full Frontal

ロサンゼルスのショウビズ界とその周辺で生きる男女8人の24時間を描いた

ソダーバーグ監督の群像劇 未見

ジュリア・ロバーツ、ブラッド・ピットも出演、テレンスおじさまは多分ちょっとだけの出演でしょう

 

 

‘03

Static Shock -Blast from the Past

2003 2004年放送のアドベンチャーアクション・アニメーションのうちの

1エピソードの声の出演

 

「セレブな彼女の落とし方」 My Boss's Daughter *

アシュトン・カッチャー製作・主演のてんやわんやのラブ・コメディ

日本ではDVDのみリリース

アシュトン・カッチャーが、テレンスおじさま演ずる自分が勤める出版社の

型物で傲慢な社長の娘に片想い

その娘に社長の自宅の留守番を頼まれたけど

招かれざる客てんこもり、ブラックユーモア満載のドタバタコメディー

ハッピーエンドに終わるものの、正直見ていてアメリカンなイラつく展開で

見どころといえば、テレンスおじさまが厳格で型物な役どころとはいえ

綺麗なお尻を見せてまで(ひょっとしたらスタンド・イン?)

ドタバタコメディに付き合ってるところ・・かも

 

「くちづけを探して」 The Kiss

古い原稿の中から恋愛小説の傑作を発掘した女性編集者が

その失われたラストシーンの原稿を求めてその作家を探す、といった

ロマンチックなラブ・ストーリ、謎の映画だったけど突如WOWOWで放送!

どうやら主人公の友人役の女の子が、アメリカのテレビドラマ

「トゥルー・コーリング」で人気が出たのでその恩恵かも・・・

テレンスおじさまは隠遁生活をおくる作家役

最初はガソリンスタンドのオヤジとして、珍しくメガネをかけキャップをかぶり

ツナギを着て少しヒゲなど生やして何とはなくショーン・コネリーっぽい感じで登場

話は何となく先の読めるハーレクイン風の甘〜い話の二時間ドラマ風だけど

テレンスおじさまは渋くスマートでなかなか良い作品

よ〜く考えたらテレンスおじさまがこんな普通な人の役を演じるのは

初めてではなかろうか?かなり新鮮でス・テ・キ、なのでファン必見!

とはいえ、テレンスおじさまの若い頃の役がビリー・ゼインとは・・・

いや、悪くはないけどちょっとイメージが・・・

 

「ホーンテッド・マンション」 The Haunted Mansion

うひゃー、ディズニーの超大作イベント・ホラームービーにテレンスおじさまがっ!

「パイレーツ・オブ・カリビアン」に続く、ディズニーランドのアトラクションの映画化

役はもちろんこーいったお化け屋敷につきものの案内人「執事ラムズリー」

(ということは、今ディズニー・ランドの「ホーンテッド・マンション」に行けば

テレンスおじさまがご案内してくれるのか?!)

主役のエディー・マーフィーさしおいてチラシなどの宣伝メディアは

テレンスおじさまのこわーいアップだ!!

テレンスおじさまは、始めシワガレ声でヨボヨボとした風情で登場するのだけど

だんだん我慢できなくなってきたのか、途中からだんだんシャキシャキしてくる

登場して何分ぐらいで死んじゃうの〜?なんてハラハラして見てたけど

実のところ登場したときから死んでいた・・・

けど考えて見りゃ一番オイシイ役どころでは?

ホラーとはいえディズニーだから陰惨なところのないファミリー映画

しかしながら時代・人物設定もいろいろと凝って

作りはゴシック調、ディズニー版「オペラ座の怪人」ってなところです

ってことはテレンスおじさまは正にファントム?

 

「ヤング・スーパーマン」 Smallville *

2008まで続くテレビシリーズにジョー・エル役として声の出演

 

 

‘04

「デッド・フィッシュ」 Dead Fish *

ゲイリー・オールドマン、ロバート・カーライル、ビリー・ゼイン共演の英国映画

キャストから察するにかなりクセのある映画のような気がする

日本公開も期待されていたけれど、結局DVD発売のみ

なので未見

 

 

‘05

「孤独の嘘」 Separate Lies *

ルパート・エヴェレット, エミリー・ワトソン, トム・ウィルキンソン出演の

日本でもDVDリリースされた評判イマイチのラブ・サスペンス

ノークレジットで出演しているそうな

 

「エレクトラ」 Elektra *

日本ではボブ・サップのハリウッド映画デビュー作として話題になった

アメコミの映画化「デアデビル」の登場人物、エレクトラを主役にすえたスピンオフ作品

テレンスおじさまはエレクトラを生き返らせて武術を教え

暗殺者に育て上げるマスターか?

しか〜し、その年のゴールデン・ラズベリー最低助演男優賞の

ノミネート候補だったそ〜な・・・とほほ

旅行先のホテルのテレビでドイツ語吹き替え版を見たけど

うううむ、良い役なんだか悪い役なんだか〜?悪いのか?

鳴り物入りのボブ・サップはあっけない消え方するし

解説によるとテレンスおじさまは盲目の武術マスターってなことだけど

そう言われなきゃ盲目ってことは分かんなかったです・・・

 

Mr. & Mrs. スミス」 Mr. & Mrs. Smith *

ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー共演のアクションコメディー

テレンスおじさまは撮影はしたものの、一緒に出演していたジャクリーン・ビセットと共に

出番はカットになったらしい・・・ちぇっっ残念!

ひょっとしたら結婚式のシーンの花嫁の偽両親の役?とか思ってたのだけど

どうやら両方の組織の親玉同士だったらしい、もったいね〜

その別バージョンのラストシーンや未公開シーンが追加された

Unrated Edition がついにDVD化!!

 

These Foolish Things たぶん日本未公開

アンジェリカ・ヒューストン主演、ローレン・バコール共演

若い女優が有名だった自分の母親の過去を知ろうとする物語らしい

 

At The Bottom Of Everything

アメリカ合衆国のシンガーソングライター、コナー・オバーストの一人プロジェクトである

ブライト・アイズ(BRIGHT EYES)の2005年のアルバム "Im Wide Awake, Its Morning"

一曲であるこの曲のPVに、テレンスおじさま出演!

墜落しそうな旅客機の中で何故か乱痴気騒ぎの乗客たち

その中でテレンスおじさまはアクマでもクールでダンディで

隣の席の女の子とFallin Loveなのである

 

 

‘06

The Elder Scrolls IV: Oblivion

どうやら人気ロールプレイングゲームシリーズへの声の出演のよう

テレンスおじさま以外にも、パトリック・スチュワートやら

ショーン・ビーンやらと声優陣も豪華版

2005年発売とのことだったけど製作が遅れてずれこんだ模様

 

9/11: The Twin Towers

イギリス版911映画

テレンスおじさまはナレーターとして出演の模様

 

September Dawn

「ヤングガン」のクリストファー・ケイン監督のどうやら西部劇

共演のジョン・ヴォイトがこの作品の演技でラジー賞にノミネートされとりましただ

当然未見

 

 

‘07

Halo3

ゲームの声優として出演

 

 

‘08

この5月、突然「テレンス・スタンプ、35歳年下の妻と離婚」 ってな記事が 

ええっっ?結婚してたのかいっ?

それも1998年にオーストラリアの薬局で知り合った薬学生と

2002年に結婚って、最近やんっっ

離婚理由が「テレンスの意味不明の行動について行けなかった」って

あんまりやんっ

 

「ウォンテッド」 Wanted よっしゃあ日本でも公開!! 

「ナイト・ウォッチ」のティムール・ベクマンベトフ監督、

アンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマン出演のSFアクションに

突然テレンスおじさま出演決定!! また悪役?

Mr. & Mrs.スミス」で無念のカットくらって以来、今度こそアンジェリーナとの初共演か!?

今度はカットにならんでね〜

どうやら続編にも出演決定の模様!ビデオゲームの声の出演もありです

ああでもまだ未見

 

「ゲット・スマート」 Get Smart 

テレンスおじさま、どんどん新作出演です

往年のテレビドラマ「それゆけスマート」の映画版で

アン・ハサウェイ、スティーブ・カレル出演のスパイ・クライム・コメディ

テレンスおじさまは「少ない口数で可笑しさを誘う悪役」という評判の

悪の組織「カオス」のボス、ジークフリード

飛行機内上映でやっとこ拝見しましたが

吹き替えの声がちょっと軽めでイマイチ・・

おじさま、最後飛んじゃうし・・・

 

Flowers and Weeds 気がつけば公開

詳細不明 オーストラリアの15分ほどのショートフィルムだそうです

テレンスおじさまは作家役のよう

 

「イエスマン "イエス"は人生のパスワード」 Yes Man 

ジム・キャリー主演のコメディ

予告等々で流れている、マイクでジム・キャリーの顔をポクッと叩く

"イエス"を薦めるセミナーの教祖役でなかなか評判がよいようです

しまったこれも未見のまま

 

「ワルキューレ」 Valkyrie 

おおっ!制作途中からなんやかんやと物議を醸し

ホンマに公開されるのかと危ぶまれてたけれど、無事に公開だぞぃ

アカデミー戦線参戦だ !(と思ったけど残念ながらカスりませんでした)

トム・クルーズが、第2次世界大戦末期にヒトラー暗殺計画を企てながらも失敗し

銃殺されたドイツの英雄シュタウフェンベルク大佐を演じるという事で

何かと話題になっている「ワルキューレ」に

テレンスおじさまがルードヴィッヒ・ベック将軍役で出演!

きゃあ〜おじさまがドイツ軍人!それももしヒトラー暗殺計画が成功してたなら

その後に最高国家元首になるはずだった将軍といういい役だ!

(と、いう事はラストは非業の最期に・・)

テレンスおじさまはいつもより重厚で渋めでございますが

登場人物がみな軍服なのに、テレンスおじさまは背広姿だったもんで

ドイツ人に見えたかというと、ちょっとそこは・・・

他にもビル・ナイやケネス・ブラナー、トーマス・クレッチマン出演という久々の超話題作

撮影はベルリンで行われたということだけど、同じ頃にベルリンに行ってれば

上手くいけばテレンスおじさまに会えたかも!

いや、気付かぬうちにすれちがっていたかも!?(それはない・・)

 

 

‘10

Ultramarines: A Warhammer 40,000 Movie

ジョン・ハート共演

おそらくCGアニメの声の出演

 

The Land of the Astronauts

出演予定だったけど、もうテレンスおじさま抜きで製作、公開済かも

 

 

‘11

「アジャストメント」 The Adjustment Bureau 

ワルキューレ以来、音沙汰がないわっと思っていたけれど久々の新作

マット・デイモン主演、エミリー・ブラント共演

フィリップ・K・ディックの短編を下敷きにしたSFサスペンスだそうです

多分悪役、テレビCMでちょいとお声が聞けましたが

未見残念

 

 

この頃4冊目の自伝を出版

亡くなったお母さんの事やら、日本滞在記やインドでのヨガ修行についてやら

「血と怒りの河」や「スーパーマン」「殺し屋たちの挽歌」「シシリアン」

「プリシラ」「セレブな彼女の落とし方」などなどの

普段あまり話題に上らない作品出演時の話題や写真、

Morte in Vaticano」や「Beltenebros ; Prince of Shadows」など日本未公開作や

プライベートのスナップ写真も満載!

謎の結婚生活については書かれてるのか?じっくり読まねばっっ

 

 

‘12

「アンコール!」 Song for Marion  なんと日本全国ロードショー!

バネッサ・レッドグレープ共演のロンドンが舞台の人情コメディ

テレンスおじさまはシャイで気難しい72歳の紳士・・ちゅ〜か

病に倒れた愛妻の代わりに老人コーラス隊で熱唱する頑固ジジイ

孫に「おじいちゃん〜がんばって〜〜」などと声をかけられる

久々に普通の人の役!!

後頭部の淋しい白髪なびかせ無精ひげはやしたテレンスおじさま♪

愛妻の介護をしながらも甘えるテレンスおじさま♪

愛妻が入院中のため、ベッドに湯たんぽ置いて

1人寝のテレンスおじさま♪

愛妻にシカトされて、おたつくテレンスおじさま♪

ついついリズムに合わせてステップ踏むテレンスおじさま♪

息子に拒否られてヘコむテレンスおじさま♪

おしゃまな孫の相手をするテレンスおじさま♪

舞台に立ったはいいけどアタマの中が真っ白になっちゃうテレンスおじさま♪

しみじみかつ朗々と歌うテレンスおじさま♪

やりきった感満々で、いびきかいて寝ちゃうテレンスおじさま♪

わ〜〜〜い

子供時代の息子と写った若かりし頃の写真のテレンスおにぃさんの姿が

60年代スウィンギンク・ロンドン時代の若者風なのがナンともっっっ

 

Night & Day

ロンドンのエレクトロニクス・ミュージックを手掛けるグループ

Hot ChipのSF風のプロモ・ビデオにかっちょよく出演

このビデオ出演に関するインタビューでは

コール・ポーターの "Night & Day" を軽く口ずさんでおられます

 

One Square Mile: London 

声の出演のみのショートムービー

 

 

‘13

「エージェントスティール」 The Art Of The Steal 

The Black Marksよりタイトル変更

マット・ディロン、カート・ラッセル出演の

美術品専門で詐欺をはたらく犯罪者集団のコン・ゲーム的クライム・コメディ

スタイリッシュでスピーディな映像のシャレた作品で

日本未公開だけどDVD発売WOWOW放映

テレンスおじさまはインターポールに身柄を拘束され

捜査協力を課せられているダンディな美術専門の犯罪者で

ちょっとオイシイ役どころ

 

 

‘14

「ビッグ・アイズ」 Big Eyes 

ティム・バートン監督、エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ出演の

50年代に大きな目の子供像を描いて人気を博しながらも

ダンナの名の下、ゴーストライターとして製作していた画家

マーガレット・キーンを題材にした話題作

バートン監督作にしては画面明るく、エイミー・アダムスのブロンドくるくるの

ダーク感も少ないあっさり目の作品でしたが

テレンスおじさまだけは鋭い眼光と身のこなしで

タダモノじゃない感がっっつり漂わせた渋い美術評論家

 

 

‘15

Pan 

ショーン・ビーン、アーロン・エッカート出演の予定だったけど

ヒュー・ジャックマンに変更とのこと

ど〜やらピーター・パンのスピン・オフっぽく

気がつきゃ公開ってことで、結局テレンスおじさまの出演はなさそうな・・

 

Crow

イギリスのスリラー

テレンスおじさまの役名はGreat Crow

 

 

‘16

「ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち」 Miss Peregrine's Home for Peculiar Children 

「ビッグ・アイズ」に引き続き

ティム・バートンの新作にテレンスおじさま出演!わ〜い♪

ベストセラーになった児童書「ハヤブサが守る家」が原作で

サミュエル・L・ジャクソン、エヴァ・グリーン出演

テレンスおじさまは主人公の少年の祖父役で

あれれ、物語冒頭で遺言残して亡くなっちゃうみたい・・・

まだ未見

 

 

‘17

Bitter Harvest 多分もう公開済み

The Devil's Harvestよりタイトル変更

ウクライナ・キエフで撮影されたスターリン時代のソ連が舞台のカナダ映画

・・らしい

 

Crooked House 撮影終了公開待ち

アガサ・クリスティ原作、グレン・グロース出演のイギリスのミステリー

 

Joshua Breed これもボツ?

Zombie IslandZI: Surviveよりタイトル変更

イギリスのゾンビものアクション・ホラーフィルム

 

Street Light これももうボツ?

つ〜かもう出演しないかも・・?

「ヘルボーイ」のロン・パールマン主演のたぶんサスペンス

 

Kamagata Maru もう製作頓挫?

テレンスおじさま、ついにインド映画にも進出!?ひょっとして歌い踊るっ?

共演は「バグダッドの盗賊」でも共演したカビール・ベディ

・・だったはずだけど、どうなった?

 

 

彼が活躍している限りはまだまだ準備中

 

Part1  Part2

Index