ZERO
おまけのページ
My Menu!
WebMail
Open Menu!
メール ←ご連絡はこちらからど〜ぞ
Top Page
りん♪りん♪りんく
更新&近況報告
魅惑のロシアンチョコレート1
世界に冠たる独逸味1


         今日の一言 von KR 13. Okt. 2019

やっとこさ秋めいてきた最近、知人にちょっと頼まれて、あちこち検索していたところ、やふおくで思いがけないモノを発見いたしましたのだ
それは1991年のKomischeOperBerlin来日公演のパンフレット、こう聞いてピンとくる人、最早何人生存しているのやら
そう、それは幻に終わったヨッさま初来日特別公演についても書かれたパンフレット
ヨッさまが来るぞ来るぞ〜と浮かれて、東京でのコンサートのそこそこ値の張るチケットとお宿を確保し、新幹線に乗って向かった公演会場の入り口に無常に貼られた「ヨッさま急病のため来日中止公演キャンセル」の案内
あまりのショックに愕然としつつも憤りの方が勝ったモンで、チケットを払い戻してもらって茫然自失で会場を後にしたのだけれど、冷静に考えればせめてパンフレットだけでも手に入れておけばよかった〜と後悔頻りでございました
後に友人が上野の音楽資料図書館でコピーをとってくれて、ナンとか気持ちは納めたのだけど、ひょこっと出品されてたパンフを、それも300円ってのを偶然見つけ、思わずポチっと入札してしまったのでありました
う〜ん他にも誰かが見つけて競るコトになったらどうしよ〜なんて思いましたが、誰とも競ることなく手に入れる事ができたのであります
思い馳せるに、あの時ヨッさまが何事もなくコンサートを開いていたら、きっとワタシは「あ〜聞けてよかった〜満足満足♪」で、このパンフもちゃんと手に入れて、それで終わっていたかもしれませぬ
ああだけど、あの時キャンセルを喰らったおかげで「ええいチクショウもう直接Berlinに聞きに行くっっ」なんて、ドイツ語も英語も出来ずパスポートも持ってないのに奮起してしまったのが運のつき
もしあの時、Berlinに行ってなかったら、正直今とは違う生活を送っていただろうと思うと、良かったんだか悪かったんだか
そんなワタスの浮かれた数年間を象徴するが如くのパンフレットを、突如手にする事になろうとは・・
これはひょっとして1つのループをもう終わらせろってコトなのか?
だけどこのパンフレットには、ワタスが一番足しげく通っていた頃のKomischeOperの空気感が残っていて、とっても懐かしうございますのだ
あの頃は楽屋入り口だけでなく出演者用のカフェにも入れてもらい、公演後の歌手の人達と一緒にお茶飲んだり話をしたり、車でホテルに送ってもらったりと、いろいろお世話になりました
いや今じゃ絶対出来ないこんなコト、しかし我ながらよくやったよ、ドイツ語もほぼ出来ないアホなのに、いやアホだから出来たのか??


    今日の一枚  Nr. 950

     「蜜滴花生 in 青島」

友人のダンナさんは出張でちうごくに行く事が多いので、ちうごく語を習ったりしてるのですが、そうなると段々ちうごくに愛着が湧いてきて、さあ家族旅行っとなっても迷わずちうごく、この夏も友人とダンナさまは「青島」方面にいかれたそうな
だけど友人曰く、ちうごくで土産を買おうにもそう良いモノもなし
しか〜し飛行機の中で出て来た←この豆菓子が美味しかったので、店で見つけて買ってきたとのコト
いただいたところハチミツがかかった揚げピーナツで美味しうございました
青島に行かれる方、土産にお薦めするっす