ジャスコ鶴岡店



ジャスコ鶴岡店は、JR羽越本線鶴岡駅前にあり、 郊外型店舗が多いジャスコの中で、中心市街地に存在する店舗でした。 開店は1985年、 鶴岡駅正面に並び立つビルの一角に入居し、 MARICA東館と合わせて鶴岡駅前のエリアを覆うような店舗でした。 しかし、近年の買い物客の郊外への流出、特に庄内地区の場合は 三川ジャスコの開店により、鶴岡店の売り上げも減少の一途をたどり、 2005年3月20日に閉店することとなりました。



2005年3月20日、営業最終日のジャスコ鶴岡店。



閉店売り尽くしのプレートが掲げられた店舗入り口。 最後の買い物客が出入りしていた。



閉店の垂れ幕、今まで数多くの垂れ幕が降ろされていたことであろう。 これがジャスコ鶴岡店の最後の垂れ幕となる。



店内には割引の値札が多数商品につけられていた。 閉店に伴う処分品コーナーとして、販売衣類を掛けていた ハンガーが10円で販売されていた。 次々と買い物客が行き来し、最後の活気を呈していた。 品物が残り少なくなると、店員が7割引のシールを貼り、買い物客が 群がる光景も。 食品売り場などは既に半分以上が空きスペースとなり、最後のご奉仕。 「ジャスコ鶴岡店は、1985年の開店以来、鶴岡市をはじめ近隣の方々の お買い物、想い出の場所として営業してまいりましたが、このたび閉店することとなりました。 永年にわたるご愛顧・・・。」 と、店内放送が繰り返し流れていた。



MARICAはジャスコ閉店後も営業を継続する(現在はMARICAも閉店)。MARICA店内も この日は多くの買い物客が訪れ、ジャスコとの間を行き来していた。



薄暗くなる中、まもなく営業を終えるジャスコ鶴岡店。 夕方には店内の商品はもう数少なくなったが、化粧品店の店員さんと お得意さんが挨拶を交わす光景もあった。 20年の営業の間、いつ以来だっただろうか、 店内のエスカレーターに多くの買い物客が行き交った、ジャスコ鶴岡店の最終日・・・。