イコーレ気仙沼



イコーレ気仙沼は気仙沼市役所や汽船乗り場付近、 気仙沼市中心市街地に位置していました。 かつては気仙沼ビブレとして営業していましたが、 不採算店整理のあおりをうけ、平成14年1月10日をもって閉店となりました。 しかし、元従業員らが有志となり、地元の後押しも受け 気仙沼ビブレ跡に新たに地元百貨店を営業することとなり、 平成14年5月10日に、イコーレ気仙沼として開店しました。 ビブレ閉店から半年足らずでの百貨店の復活に、地元は歓喜にわきました。

しかしながら、中心市街地の空洞化とあいまってテナント誘致も進まず、 段階的に売り場を縮小していき、2007年5月10日の営業を最後に臨時休業に入りました。 1966年開業時の丸光時代から40年に渡って中心市街地の顔としてあり続けてきましたが、 売り上げ不振等のため、事実上の閉店に追い込まれたようです。