大沼

大沼は山形県を代表する百貨店です。 店舗は山形市と米沢市2店舗で営業しており、いずれも各都市の中心市街地に 店を構えています。創業は山形市七日町としており、山形市の店舗は山形本店と称しています。 かつて酒田市にも2店舗構えていましたが酒田駅前店はダイエーに変わり、 酒田中町店は酒田大火の後再建されるも撤退しています。

山形県のショッピング情報やニュース(商戦など)ではまず大沼が取りあげられ、 山形における百貨店の代表格となっています。 大沼のWebサイトには、”山形では唯一の地元資本百貨店”とされていますが、 マリーン5清水屋が中合の経営から離れ地元企業の経営となったあとも、 (2013年11月現在)この記載は残されています。

売上高は2012年度で101億円の規模となっています。 天童市と新庄市にギフトショップも構えていますが、 ギフトショップ天童店は平成25年に閉店しています。

山形本店
(山形市) 営業中
米沢店 (米沢市) 営業中