京成百貨店
水戸京成百貨店は、水戸市の中心市街地にあり、水戸の老舗であった伊勢甚の閉店後は 水戸市を代表する百貨店として親しまれています。2003年2月20日の水戸伊勢甚閉店後、 その跡地に新店舗ビルを建設し、2006年3月17日に移転オープンしました。 新店舗は売り場が地上9F地下1Fの大型店舗で、地方百貨店では屈指の規模を誇ります。 北関東最大級の百貨店として、水戸市の中心街をリードする存在となりました。 広域集客の観点から、水戸の冠を外し、「京成百貨店」を名乗っています。



水戸京成百貨店。水戸駅から商店街が続くメインストリートにある。 水戸駅からは徒歩17分と少し歩くが、バスの便も良い。 水戸伊勢甚の閉店やダイエー水戸店の撤退など、水戸市中心街が停滞していたが、 水戸京成百貨店のオープンとともに水戸駅から京成百貨店に続く商店街も、 ともに盛り上げようという機運に包まれた。



壮大なエントランス。北関東最大の百貨店に相応しい造り。 オープンから3年たった2009年夏も、館内は買い物客の行き来が非常に多く、 引き続き高い集客力を誇っている模様。



新店舗は高級感あふれる造り。明るいイメージを作り出している。 グランドオープン時にさまざまなイベントが催され、2006年3月26日には水戸藩ソーラン節が 店舗前で披露されていた。 1F正面入り口の脇に、直接地下に入れる階段もある。 エスカレーターも両面に設置され、 店内には有名ブランドが多数並び、9Fにはレストラン街があるなど、 都市型百貨店としての機能をふんだんに備えている。 また、店舗裏側の駐車場の1F部分にも飲食店が並んでいる。



通りを水戸駅方面に走る路線バスが到着するごとに、多数の買い物客が来店している。 水戸駅から発車する路線バスの入り口にも、「水戸京成経由」との張り紙が。 店舗入り口の人の行き来が絶えず、水戸駅からの通り沿いに「水戸京成開店」の小旗が 並び、多くの市民の期待を担ってのグランドオープンとなった。

※ 2011年3月末に来店したところ、東日本大震災の影響によりエスカレータは全て休止おり、 階段もしくはエレベータでのフロア移動という状態で営業再開していたが、 震災後の閉塞感から小さな楽しみだけでも取り戻すことを求めに来ているかのように、 大勢の買い物客で賑わっていた。エレベータには臨時のエレベータガールが乗り込み、 対応にあたっていた。