十字屋山形店
さよならの初売り
全国で唯一残った十字屋、中合十字屋山形店。 平成30年1月31日での閉店が決まり、 新年には残された営業日も1ヶ月となりました。 十字屋山形店の初売りには行ったことが無かったので、 その雰囲気だけでも確かめようと1月2日(火)に思い立ち、 東北中央自動車道を駆使して山形へ。 午前中に中合福島店で買い物をした後で、 15:30頃に福島市を発ち17:00頃に十字屋に入るという相変わらず不可思議な行動をとりました。



平成30年1月2日夕刻、 冬の厚い雲が空を覆うなか初売りの熱気も徐々に収まりつつある十字屋山形店。 それでも店舗内は各フロアとも買い物客が行き交う光景が見られた。



1ヵ月後の閉店に向け最終売り尽くしセール開催中。 もうすぐ商品が詰め込まれることもなくなる十字屋の買い物袋がたくさん積み上げられ、 買い物客が行き交う楽しい日々を回想させられる。



駅前通側入口に飾られている門松。 十字屋最後の初売りもピークを過ぎ、 もとの静けさを取り戻そうとしている。


店内では最終売り尽くしセールで、 商品が50%-70%引きとなっており、 各フロアであちこちの売場を回りながら品定めをしました。 17:00から閉店となる19:30まで、 時間が足りませんでした。 1つ前の画像の買い物袋の山、 両サイドのうち片方分くらいは買ったかな? 両手に買い物袋だらけになり、 前回に続いて案内カウンターでの荷物預かりサービスを利用。 十字屋山形店で楽しい時間を過ごすことができました。

営業最終日である平成30年1月31日、 それでなくてもあと1回くらいは訪れることができるかなと思っていましたが、 結果としてその想いは叶わず。 そんな不安から、 急遽1月2日に十字屋に足を運び、 さよならの初売りのなかに身を投じてまいりました...




1月31日、最後まで残った十字屋、十字屋山形店閉店の記事(2/1付 山形新聞朝刊)。 「十字屋ありがとう!」との声が飛び、200人近くの買い物客が十字屋の最後を見届けたという。

記事によると中合が所有する立体駐車場(タイムズ十字屋山形店)は、 当面の間営業を続けるとのこと。 施設にある十字屋の看板や塔屋がそのままであれば、 今しばらく十字屋の名やデザインを見せながら、 十字屋の一施設として存在し続けることになりそうだ。

また、2月7日現在、十字屋山形店のFacebookは残されており、 閉店にあたってのコメントや買い物客の想いなどが綴られているのを見ることができる。