十字屋

十字屋百貨店は、ダイエーの完全子会社となった十字屋が経営していた店舗です。 十字屋の発祥は平塚市(神奈川県)で大正12年12月に営み始めた呉服店で、その後事業を拡大、 百貨店協会への加盟や大丸との業務提携(昭和46年6月〜平成11年8月)などを進めました。 十字屋の店舗としては、一時期は衣料品スーパーも含め首都圏を中心に70店近くを 構えており、百貨店は子会社の関東十字屋/仙台十字屋として会社が分かれてい たこともありました。百貨店事業は平成12年9月1日に親会社の十字屋に引き継がれましたが、 これと前後して経営再建のため上記店舗の多くを閉鎖し、百貨店としても白河店などを閉鎖(船橋、木更津などに あった十字屋もこれに該当?)して事業を縮小させてきました。

そして、親会社のダイエーの経営再建に伴い、ダイエーの完全子会社化された十字屋は百貨店事業から 撤退することとなり、最後に残った百貨店4店舗のうち仙台店/銚子店/館山店を平成17年11月30日を もって閉鎖、唯一残る山形店を平成17年12月1日に中合に譲渡することとなりました。 (株式会社十字屋は、2007年1月にダイエーに吸収合併され、法人としては消滅しています。)

ここでは、十字屋の百貨店事業撤退までに残った最後の4つの十字屋百貨店を紹介します。 なお、最後に残った十字屋山形店も、平成30年1月31日で閉店することが決まっています。

仙台店
(仙台市) 閉店
銚子店 (銚子市) 閉店
館山店 (館山市) 閉店
山形店

閉店セール
(山形市) 平成30年1月
閉店予定