飯坂温泉駅が改修されます

 平成22年7月1日付け福島民報朝刊によると、飯坂温泉駅の駅舎が新しいデザインの改修されるそうです。 木材調の造りに銅板葺きの屋根という、温泉街の玄関口として魅力的な「和」の駅舎として 生まれ変わるとのことです。駅舎内にはエレベーターも設置されます。

 7月中に着工し今年中に完成する見通しで、飯坂線利用客や温泉観光客に親しまれる飯坂温泉の新名所となりそうです。


 現駅舎は昭和57年に完成した都市近郊形のモダンな造りでしたが、7月中着工とのことで、この姿はもう間もなく見納めとなるようですね。


トップページに戻る。