飯坂線開業80周年
&「鉄道の日」記念フェスティバル


 2004年10月17日(日)に、桜水駅にて飯坂線開業80周年&鉄道の日フェスティバルが 開催されました。飯坂線の車庫が開放され、駅前では様々な催しが行われ、 大勢の人で賑わいました。



 桜水の車庫では飯坂線の電車が開放され、電車の中に自由に入ることができました。 車庫に入れる機会はなかなか無いので、珍しそうに見回している人の姿もありました。



 電車の前では記念撮影する家族連れが次々とカメラを構えていました。 運転室も開放されていたので、子供を運転席に座らせ、運転士の帽子をかぶせて 外から親が写真を撮ることもできました。撮影用に電車の前には脚立も用意されていました。



 車内に入って様子を見て回ることもできました。 いつも走っている電車とはまた違う雰囲気を味わうことができたようです。



 普段は入ることができない運転席からの風景。 右下に見えるのが例の撮影用の脚立です。



 電車の床下の機器もオープンされていました。 こっちは年配の方達が興味を持っていました。 スタッフの方が説明している場面もありました。



 車庫の奥では、おそらく旧車両の部品やレールの展示/販売を行っていました。 制御装置の部品とか、車内照明のカバーとか、詳しい方でないと電車の部品だと なかなか分からないものもありました(^^;



次へ。