5300形


※この記事は2003年に作成されたものです、現在くりはら田園鉄道は 廃止されており、5300形の現状は不明です。

 飯坂線にはかつて赤とクリームのツートンカラーの 電車が走っていました。平成3年6月24日、7000系導入とともに飯坂線からは これらの電車は姿を消してしまいました。 ほとんどの電車が廃車となってしまいましたが、当時の 最新型だった5300形2両は宮城県の栗原電鉄で活躍することとなりました。 "いいでんカラー"そのままで活躍したこの2両もくりはら田園鉄道(栗原電鉄から経営移管)の ディーゼル化に伴い、平成7年3月31日をもって引退してしまいました。 現在ではくりはら田園鉄道の他の電車車両とともに、 若柳駅構内に保存されています。




 1両は現在、若柳駅の外にあるホーム跡らしき場所で 駐輪場として使用されている。 塗装も色あせてしまったが、 かつて飯坂線を走っていた頃の"いいでんカラー"を 今なおとどめている。




 7000系導入以前は飯坂線は全て片開きドアであった。 5300形は3ドア車で、当時の飯坂線通勤型車両として活躍していたのである。 飯坂線では2両連結しての運用が多かったが、栗原電鉄では専ら単行で使用された。




 5300形駐輪場の内部。運転されていた頃そのままの状態で用いられている。 青い座席、長いつり革、両運転台と飯坂線を走っていた頃を思い浮かばされる。




運転台もそのまま残っている。 動力はつりかけ式。たくさんの計器が並んでいる。 今は静かに眠っているようだ。




 若柳駅では記念乗車券や絵はがきが発売されている。 残念ながらM18形(福島交通5300形)運転開始記念切符は売り切れてしまったが、 引退電車記念乗車券やさようなら電車記念はがきには、 栗原電鉄で活躍した5300形の写真も含まれている。 画像は引退電車記念乗車券のうちの1枚。





戻る。