桜水駅舎。 飯坂線中間駅で唯一終日有人駅となっている。 2F建ての鉄筋コンクリートの駅舎で福島交通鉄道部や 福島交通観光の事務所がある。駅前は月極駐車場になっている。 飯坂街道からは踏切をわたって裏側から駅に入ることになる。



桜水駅内部。中央に写っているのが定期券・回数券などを発売する窓口で その上には運賃表が掲げられている。 窓口の左手には切符の自動販売機があり、 ここで乗車券を買う。NORUCA導入に伴い、各駅共通の機器となっている。 また、駅の中には一時期UFOキャッチャーや電車でGO!があったが、現在は無くなっている。



改札口に設けられたNORUCA読み取り機。 電車が駅に近づき上にある接近表示板が点灯すると改札が始まる。



桜水駅は飯坂線で唯一駅舎からホームへの通路が地下道となる駅。 ただ、線路を一つ分くぐるだけなので、階段を下りたらすぐ階段を上る格好となる。 階段そのものはさほど急ではない。



桜水駅に到着した福島行き電車。日中は飯坂温泉行きの電車はこの駅で乗務員交代となる。 かつての朝10分間隔運行時はこの駅で列車交換が行われていたが、現在は朝の当駅始発列車(7:00発飯坂温泉行き)と 上り列車(6:55発福島行き)の交換が実施されている。



桜水駅に到着し、乗客を降ろしドアを閉めた1000系電車3両編成桜水止まり。 桜水止まりの下り電車は、 この後平野方面へ電車を動かし、 桜水駅北側の踏切の先で停車した後に進行方向を変えて、 再び踏切を通過後上り線から桜水車庫へのポイントに進入し留置線へ移動する。



ちょっと待て 福島行きの 7000系

▲桜水駅トップへ     ▲トップページへ