花水坂=飯坂温泉は昭和2年に開業した。 飯坂街道と並行してきた飯坂線は、花水坂からは高台の下、果樹園と住宅の合間を走る。



 折り返し待ちの福島行き電車。 両側はホームの屋根で覆われている。



 まばゆい日差しの中、 まもなく発車の折り返し福島行き。 背後の速度標識が示しているように ATS導入に伴い、終点駅の進入速度が時速8km・時速4kmと段階的に 設定され、慎重に停車するようになった。



 雪の降りしきる中、折り返しを待つ飯坂電車。 冬期間は片側のホームのみ使用して乗降扱いを行う。 この日はものすごい雪で、雪かきの努力も無になるくらい積雪が早かった。



 上の画像時の駅前の様子。 松尾芭蕉も「こりゃかなわん。」



 雪降ってないときの上部の図。 当時とは異なり、駅舎改修後の広場。



 飯坂温泉駅に向かう電車。 小春日和の心地好い日差しを受け、終点までの最後の区間を走る。

▲飯坂温泉駅トップへ     ▲トップページへ