2010年12月20日に竣工した新駅舎。 温泉街の玄関を意識した古風な外観となった。



 飯坂温泉駅は摺上川に面している。駅に隣接した十綱橋からの外観。



 タクシープールは西側へ移動し、松尾芭蕉像がある北側は広場となった。 広場には新しく時計も設置された。



 駅前交差点に面する観光案内所(左)とパチンコアルファ(右)。 観光案内所は以前からこのような外観だったが、パチンコアルファも飯坂温泉駅改修と 合わせるように古風な...外観となった。 『遊戯場』や『ぱちんこあるふぁ』などの表記が面白い。



 駅舎には引き続きコンビニエンスストア「サンクス飯坂温泉駅前店」が同居。 こちらも、駅舎の一部として古風な外観となった。



 福島信用金庫のATMも設置されている。 駅舎中のホールには八百屋のフレッシュみよしも営業している。



 駅舎改修に合わせて、大階段の東側を使ってエレベータが設置された。 以前は、降車ホームから駅裏スロープに連絡するドアによるバリアフリーとなっていたが、 エレベータ設置により改札を通ってのバリアフリーが実現した。



 内装は基本的には変わっていない。飯坂温泉駅の改札口で画像右側が駅の窓口。 改札口は駅の入口から階段で下りたところにあり、 階段のわきには冷暖房がきいた待合室もある。改札口は電車が駅に近づくと開かれ改札が始まる。 飯坂線の駅で唯一、自動放送で電車の案内が流れる。 自動放送の音声は2003年4月に更新され、音割れがなくなった。



 NORUCA導入に伴い改札にはNORUCA自動読取機が設置された。 こちらは入場用。



 飯坂温泉駅の窓口。 JRや阿武隈急行の連絡切符や、 NORUCAの発売およびチャージを行っている。 上部の料金表はところどころ隙間が開いているが、 昔は「宇都宮」や「東京」とかの料金も掲示されていた。 今でも各地まで発売するのだろうか。



 NORUCA導入に伴い新型に更新された自動券売機。 右側は冷暖房つきの待合室。 待合室にも電車接近表示が備えてある。



 飯坂温泉駅では、電動自転車の貸し出しを行っている。 温泉街探索に便利。



 駅入口フロアには、お神輿が飾ってあった。



 飯坂温泉駅は乗車ホームと降車ホームに分かれている。 折り返し福島行き電車の到着。 冬期間は降車ホームを閉鎖することもあったが、2013年1月現在は通常通り降車ホームを使用していた。



 発車を待つ福島行き電車。 昭和57年当時の駅舎改築以前は飯坂温泉駅には2つの発着線があり 1200形+3300形が待機していたという。

▲飯坂温泉駅トップへ     ▲トップページへ