医王寺駅前から見える「医王寺への」看板の側道。 住宅地を進んでいくが、参道というべき道だ。 駅から医王寺までは徒歩10〜15分。 少し歩く。



 医王寺。医王寺は源平合戦で源義経のもとで活躍した佐藤継信・忠信兄弟の菩提寺。 本堂の中にある天井から下がっている装飾品は見事なもので一見の価値あり。 また、宝物殿には弁慶が身につけていた笈などが収蔵されている。 寺の奥にある薬師堂へと続く道も趣があって良い。



 これは松尾芭蕉の句が刻まれている句碑。 松尾芭蕉は元禄2年医王寺を訪れ、「笈も太刀も五月にかざれ紙幟」と句を詠んだという。 画像は芭蕉がこの句を詠んでから106年後に作られた句碑で、 確かにこの句が刻まれてある。ただ、近年判読が困難になってきているため 画像外の右手に新しい句碑が作られた。



 薬師堂へと続く道。 本堂の裏手にある杉の木にも言い伝えがあるとか。



 風景変わって国道13号線との踏切の近くにある果樹試験場。 その名の通り果物の品種改良などの 研究が進められている。



 アルタ平野店跡にサンクスがオープン。医王寺前駅のすぐそばにあり、 駅前コンビニである。



 一方こちらは医王寺前駅南側にあるセブンイレブン。ここの店名は … 医王寺前店?  それとも平野店?



 医王寺前駅の北側、飯坂街道とフルーツラインの交差点には飯坂温泉の温泉街の 入口を知らせるアーチがある。いよいよここから湯の町飯坂だ。 横町にある巨大な車両進入禁止の標識とともに、小さい頃から記憶にある 構築物のひとつ。 ただし、2008年に入り撤去されてしまった。

▲医王寺前駅トップへ     ▲トップページへ