飯坂線の電車乗り場入口。福島駅東口側にありJR各線とは別で阿武隈急行線と共通。 福島駅の駅ビルS-PAL福島と福交・阿武急ビルEastの間にある。 飯坂線乗り場の入口はもとは東西自由通路のところにあり目の前にJRバスの乗り場があったが 阿武隈急行線の福島駅の工事が始まってから現在地に変更になり、 元の場所には駅ビルが建てられた。ただ、ホームの位置はあまり変わっていない。



飯坂線・阿武隈急行線福島駅の構内。 1番と2番の券売機が飯坂線である。 3番は飯坂線NORUCA(ICカード)導入に伴い設置されたNORUCAステーション。 NORUCAの積み増しや定期継続購入等が行え、 飯坂線だけでなく福島交通の路線バスと共用となっている。 NORUCAステーションはこの飯坂線福島駅のほか、 福島駅東口バス乗り場の発売窓口横と、 郡山駅前バス乗り場発売窓口横の計3箇所に設置されている。 画面左端ギリギリに写っている4番と、 写っていないが左手前にもうひとつある券売機の計2台は阿武隈急行線用券売機。 阿武隈急行線はNORUCAは使用できない。 窓口は、左手が阿武隈急行線で右が飯坂線となっている。改札はさらに右手。



ホームにある行き先掲示板。改札口から入って向かって右側が飯坂線乗り場である。 左側は阿武隈急行線乗り場なので乗車の際はお間違えのないように。 念押しの案内も追加貼付されているということは、 やはり誤乗が多いのか...。



飯坂線の駅名標。 裏側に阿武隈急行線の駅名標となっている。



仲良く並ぶ いいでん(画像左)と あぶきゅう(画像右)。 画像右側はJR1番ホーム。JRのホームは長いがその長さがめいっぱい使われるのは 普段は寝台特急と8両編成の普通列車が入るときぐらい。 東北線普通列車は2〜8両、山形線普通列車は2両で運転。



折り返し飯坂温泉行きの電車が到着。もともと福島駅のホームは両面で降り口と乗り口が 別だったが阿武隈急行線の工事が始まってから片面のホームになった。 朝のラッシュ時に飯坂線のドアが開くとホームは人で埋まる。 ホームにはかつては売店があったが今は自動販売機が多数設置されている。 飯坂線に発車ベルはないがホーム手前の踏切が鳴り出すと間もなく発車だと分かる。 また最近、電車が入線すると予備音♪ピンポンパンポーン (首都圏の列車接近音とはだいぶ趣が違う^^;)の後に 肉声で案内が入るようになった。



これは阿武隈急行線の電車。JRの線路から阿武隈急行線ホームに進入してくる。 誤乗を防ぐため、発車前には「飯坂温泉方面へは参りません。」と電車の自動放送が流れる。 飯坂線でも、車掌が発車前に「阿武隈急行線ではない。」旨放送する。



2015年4月のNORUCA導入に伴い設置されたJR乗換用のNORUCA読取機。 ここにNORUCAを読取らせて、JR1番線に連絡できる。 JRの乗車券を持っていない場合は、 ここで読取らせた後この先の連絡窓口前の係員から乗車証明書を受け取る。 SuicaやPASMO等のICカードでJRに乗車する場合は、 NORUCA読取後に下の画像のSuica簡易読取機にSuicaやPASMO等を読取らせる。 奥に写っているのは、 通常の出場改札のNORUCA読取機。



2009年3月のJRのSuicaエリア拡大(福島・郡山地区)に伴い、 福島駅(東北新幹線・東北本線)でもSuicaが利用可能となった。 これに伴い、JRと福交・阿武急乗り換え口にも簡易Suica読み取り機が設置された。 画像は飯坂線乗り場からJR1番ホームへ向かう連絡口に設けられたSuica簡易改札機。 飯坂線からの出場ということで、JRへの「入場」。 画像は2009年の設置時のときと機器が変わったもので、 以前は「入場」が単独で設置されていたが、 画像のように「出場」機も同じ場所になった模様。

▲福島駅トップへ      ▲トップページへ