7251

アルカトラズ

 ここはアルカトラズ、某犯罪大国にある難攻不落の刑務所のある孤島だ。
 俺は冤罪で捕まり、裁判等なしに一気にここまで連れて行かれた……ついてねぇ……
 こんなことになるんなら、あんな訳分からん機械を拾うんじゃなかったなぁ……

 で、このアルカトラズには奇妙な儀式がある、と囚人の噂話で耳にした。
 何でも、一ヶ月に一度行っているとある試験に合格すれば無罪放免の釈放になれるらしい。
 そんな噂が流れていると言うのに、俺より年季の入った囚人達は皆震え上がっている。そんなに厳しい試験なのだろうか?
 詳しく聞いてみると、皆おびえたようにその時の記憶を抹消したいらしく誰も話してくれなかった。結局当日まで俺はおとなしくしているしかなかった……

 それから数日後、今日が例の試験の日のはずだが、皆揃って浮かない顔をしている。
 しきりに不思議がっていると、不意に檻の反対側から看守が話しかけてきた。
「よう、お前は試験初めて受けるんだっけか?それなら良いことを教えてやる。
 この試験はな、ひたすら欲を押さえつける事が肝心だ、これから運ばれてくる朝食はもちろん、昼食、夕食も水だけで過ごせ。そして寝る事も諦めるんだな。
 その後はまぁ……天国とも地獄ともつかない所へ連れて行かれるが、必死で耐え切れば晴れて釈放だ、せいぜい頑張るんだな。」
 試験の概要を詳しく聞いたところ(当日になったので内容を知る事ができた)なんでも生き物に宿る三大欲求……すなわち食欲、睡眠欲、性欲の三つの欲を押さえつけ、誘惑に耐え切った暁には犯罪は犯さない物として釈放されるとの事。
 最初に食欲と睡眠欲の試験……三日三晩飲まず食わず…は流石にまずいから水分のみ補給し、一睡もしなければこの二つの試験はクリアとなるらしい。
 その後、半日置いて次の日の晩に性欲の試験があるらしい。
 これに関しては四日後に説明を持ち越される事になった。
 なるほど、とりあえず三日三晩寝ずに水だけで過ごせば良いのか。頑張るぞ!!



 それから三日たった。
 俺は無事、食欲と睡眠欲の試験をクリアできた。残るは性欲の試験のみだ。
 とりあえず、三日三晩寝ずに居たから眠い……とりあえず性欲の試験まで寝ておこう……

「…
 ……
 ………
 …………
 ……ん……?」
 奇妙な感覚に気づき、俺は目を覚ました。
 目を開くと、目の前に下着姿の女性が俺の太ももの辺りに座って、俺のペニスをしごいていた。
 ……って、何で俺裸で横になってんだ!?しかも鎖で繋がってるし!!??
 と、自分の置かれている状況を確認していると女性が気づき、しごく手を止めて顔を上げた。
「あら、やっと目を覚ました?無理も無いわよね、本気で三日三晩寝ずに居たんだから。」
 透き通る声、そしてその辺の女とは比べ物にならないほどの美貌に溢れた顔立ち。
「初めまして、性欲の試験を担当するクリスティア・マイルスよ、クリスで良いわ。囚人番号第5869125号さん♪」
 そう言いながら、クリスは俺のペニスをペロっと舐める。
「ううっ!!」
「この試験の説明をするわね。これから私は貴方に性行為を行い、貴方はただひたすら射精しないように頑張ってもらうわ。
 期間はこれから一晩……そうね、朝6時まで耐え切れれば、貴方は無事無罪放免の釈放よ。
 ただし、耐え切れなかった場合は……覚悟しておくことね♪」
 何を覚悟すればいいのかさっぱりだったが、とにかくこの人の与える快感に抵抗していれば良いわけか……望むところだ!!
 クリスの脇に正方形の時計が見える……文字盤は無いが、今は深夜の10時を回ったところか、と言うことは8時間耐えればいいんだな。時間的に厳しいが、これで無罪放免だ、頑張ろう。
「それじゃ、再開するわよ〜♪」
 そう言うと、クリスはたっぷりと唾液を自らの手にたらし、その手で俺のペニスをしごき始めた。
 彼女の唾液がローションの代わりとなり、すさまじい快感がペニスを襲うっ!!
 俺は必死に耐えようと目を閉じ、歯をくいしばる。
「ふふふっ……良いわぁ、その我慢してる顔、もっとよく見せてぇ♪」
「えっ……?」
 ふっと、ペニスから送られる快感が消えたかと思い目を開けると、今度はクリスの美貌が眼前に広がっていた。
 やわらかい彼女の体を押し付けられながらそのまま距離が詰められ、唇が重ねられる。
 クリスは自らの舌を俺の口の中に入れると、あちこちを嘗め回しはじめる。
 俺は抵抗をしようとクリスの舌を押し返そうとするが、逆に舌を絡めとられクリスの口の中へ引きずり込まれる。
 舌を引き戻そうとすればそのままクリスの舌が俺の口の中に戻って再び蹂躙する、そんな堂々巡りがしばらく続くと、クリスはようやく唇を離した。
「ぷはぁ……どうだった?私のキスのお味は♪」
 肩で息をする俺は首を縦に振る。正直言って、やばい位気持ちよかった。
「よかった、声が出せないほど気持ちよかったのね♪
 それじゃこれからもっと凄いことしてあ・げ・る♪」
 クリスがそう言うと、背中に手を回してブラジャーを外し、俺の手の中に収める。
 そして形の良い胸の谷間で、俺の顔を押し潰す。
「むがっ!!んむー!!??」
 胸の谷間に閉じ込められた俺の顔面にはやわらかく、なおかつ弾力のある気持ちの良い感触が広がり、更に女性特有の良い匂いが鼻をくすぐる。
 手の中にブラジャーが納められている事実が更に俺を興奮させる。
 と、谷間の中しか見えない状態で突然ペニスに刺激が走る。感触からして、クリスが再び手でしごいているのだろう。
 正直、ここまで密着させられると興奮が冷めないため、射精を我慢するのは非常に困難だ。
 俺は快感から抜け出す手段を考える……何か良い方法は……
 焦っているとどんどん考えが纏まらなくなる。それが余計に焦りを生み、どんどん追い詰められる事になる。
 流石に限界が近くなっていた。まずい、何か良い方法は……
 
 と、一瞬頭が持ち上がり、床に後頭部が叩きつけられる。
 ガツンッ!!
「きゃっ!?」
「あいたっ!!」
 二人して何が起こったのかわからないと言った感じで悲鳴を上げる。恐らく、自分が考え込んでいる間に無意識に暴れた結果なのだろう。
 だが、これで妙案が思いついた。快感に対抗するのなら、痛みで紛らわせてしまえばいい。
 さっきの後頭部の痛みで先ほどまで追い詰められていたものがゆっくりとしぼんでいった。
「あぁん、いきなりこうなったら……」
 そう言うと、クリスはパンティーを脱ぎ始める。
「そろそろ時間も押してきてる事だし……本気出してあげる!!」
 脱いだパンティーをそのまま俺の顔に穿かせる。視界は脚を通す穴から開かれていた。
「脱ぎたてのほやほやだから、一杯私の匂いを嗅いでね♪」
 確かに、今目の前で脱いだパンティーをそのままあてがわれたのだ。彼女のアソコの汁がたっぷりと染込んでいて、嗅ぐなと言う方が難しい。
 それでも俺は、手の平に自らの爪を立て、唇をかみ締め、痛みで快感を紛らわそうと必死だった。匂いは感じても、口でも呼吸をしているので、鼻腔までに匂いが薄れていて、なおかつ彼女を他の五感で感じて居ないため、なんとか意識の外に振り払う事もできた。
「何をそこまで必死になっちゃってるかなぁ……股間をこんなにしちゃってさ。」
 眼を瞑って我慢していても、彼女の声は聞こえる。声だけでも匂いの事を意識させるのは十分だった。
 まずい、こうなると妄想が走り始めて更に勃起しちまう。
「んっふふ……それじゃ、そろそろ本番行って見ようか、こっちの方も準備万端みたいだしね♪」
 クリスは勃起したペニスを弄りつつそう言う。
 くっ……万事休すか……
「いっただっきま〜す♪」
 ズッ……ズズズズ
 ゆっくりと挿入を始めるクリス。じわじわと迫るペニスを包み込む彼女の腔の感触が否応無しに俺を感じさせる。
「うっく……」
「ふふふ〜、それじゃ止めと行こうか〜♪」
 くそっ、今度こそおしまいか。この状態で腰を揺すられたら……と、考え始めた時だった。
 ジリリリリリリリリッ!!
「え?」
「あ、やばっ、もう6時じゃん。」
 あれ?まだ一時間半位しか経ってないんじゃないのか?
 恐る恐る瞼を持ち上げると、やっぱり時計は12時半じゃ……いや、おかしいぞ?
 本当に12時半なら、時計の針はあんなにまっすぐにはならない、と言うことは……
 クリスは脇にある時計を逆さにする。そこには朝の6時を告げる目覚まし時計があった。
 つまり、最初から時計を逆に置いていたってこと……?
「あ〜あ、揺さぶりのつもりで時計逆転させてたのに意味無かったわ……」
 肩を落とすクリス。
 一方、俺の方は試験クリアとわかった途端緊張の糸が切れて今まで射精を我慢するために力んでいた股間の力を緩める。
 ビュルビュルビュルッ!!
「ひゃぁっ!?」
 突然精液が腔の中に送り込まれた事でクリスは驚いて小さく飛び跳ねる。その衝撃で更に射精を促された。
「あぁん♪そんな突然イかなくても良いじゃないの♪」
 嬉しそうにそう言いながら、顔に被せたパンティをひっぺがす。そしてそのまま抱きついてきた。
「ふふっ♪試験合格おめでとう♪」
 ちゅ…ぺちゃ…くちゅ…
 瑞々しいまでの彼女の唇に口を塞がれ、そのまま一方的に舌と舌を絡ませられる。
 しばらく濃厚なキスを続け、頭が完全に真っ白になった頃には彼女は離れて、いつの間にか鎖が外されている。
「これで貴方は無罪放免よ、おめでとう。囚人番号第5869125号……いえ、レイル・ハワードさん♪」

 その翌日、たっぷり休息を取った俺はアルカトラズから解放された。
 俺はクリス等試験管数人と共に船に乗り、絶海の孤島を後にした……


 それから数ヵ月後……
「ねぇあなた。これなんてどうかしら?」
 俺はクリスと結ばれた。今は式で着るウェディングドレスを下見している真っ最中だ。
「お前ならどんなドレスでも似合うよ。クリス。」
「ふふっ、それは幾らなんでも買いかぶり過ぎよ。」
「そんなことは無いさ。お前程綺麗な女はまず居ないだろう。」
「くすっ。そんなこと言うなら浮気なんてさせないわよ。」
「当たり前だ、俺はお前一筋なんだからな。」
「あなた……」
 頬を赤らめながら、クリスは抱きつき、耳元で俺に囁いて来た。
「これからも、ずっと一緒に居ましょう……ね♪」

……fin
始めましての方は始めまして、覚えててくださった方はお久しぶりです
一年ほど前にM淫魔とか言って駄文を投下してました者です

今回のは……えぇ、最後の方は気力が尽きて殆ど適当に書いた事はばっちり覚えてます(何
途中も途中でご都合主義とばかりに色々変な部分があったりしますが
今回は勝ちパターンの投下ですが、気が向いたら負けパターンも投下してみようと思います

でわでわ、ご感想お待ちしております

[mente]

作品の感想を投稿、閲覧する -> [reply]